営業の無駄を省くための取り組み方とは

営業の仕事をしている女性

営業部門での業務効率化をはかるには、残業削減を考える必要があります。ただ労働時間を削減することは簡単ですが売り上げを向上させることがメインなので、そこを削減させない対策が必要であり、社員一人当たりの生産性を高めることも求められています。

業務効率化は営業活動の中では、顧客と接触をする以外事務作業で無駄が生じていることも多く、これらを改善していくことができれば、帰社しなければ営業報告が完了できないことや、報告用で使われるExcelが複数存在していること、会議資料の作成や入力作業に時間を要することなど、改善の余地があります。またリード取得から受注までのプロセスには、どこが課題であるのかが明確に把握されていないケースもあります。これではどこに肝心の課題があるのかも不明瞭ですし適切な形に改善していくこともできない状態です。

営業現場の実態を見ると会議・資料作成・移動時間への工数がかかり、コア業務の顧客接点が取れていないこともあり、目的と無駄なことをしっかりと振分けし必要なことへ注力できる環境づくりをしていくことが今後の課題になります。ここからやるべき報告や資料作成などの、業務効率化をしっかり取り入れることができるかも大切で、作業の効率を上げるために行うことは残業を減らすことを目的にしていくことが大切です。

同じ内容のものをなんども入力するような無駄な作業を全て一つにまとめていき、どのデバイスからみても活動報告に関する入力ができる環境が望ましいです。場所を選ぶことなく空いた時間に簡単に入力が行える仕組みを作ることで、社員が1日1回活動報告をするだけで基本的な情報が異なっているフォーマットからも閲覧できるような仕組みが望ましく、バラバラな情報を一つに整理していくことが自動化できます。

このような仕組みを持つことは、報告や質問・相談やスケジュール管理、業務効率分析や案件管理・情報など報告や書類の作成にかかる作業時間を削減することが目的で、業務効率化に繋がることが大きな目的になっています。入力については移動中や出先で、普段持っているスマートフォンやタブレットの端末から行うことができ、隙間時間をしっかりと活用しながら効率化を上げることが重要ポイントになってきます。このような行動を一つ一つの積み重ねることが残業時間の削減にもつながり、全ての作業が効率よく回すことができるようになり、最終的に営業の業務効率化につながります。