更新情報
                                   

働き方改革は2019年4月1日から、働き方改革関連法案の一部が施行されていますが、今は大企業を始め中小企業でも大きな経営課題の一つになっており、働く人々が個々の事案に応じて柔軟で多様な働き方を個人で選択できる改革を言います。少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少や、働くスタイルが多様化することなどを課題にし、それぞれの変化に企業が対応していくことが大切で、生産性向上・従業員満足度向上などを実現させる環境を整えていくことが求められています。働き方改革を具体的に見ると、どのような対策を企業が行えば成功するのかも見えてきますし、政府があげている働き方改革の目的や課題・取り組み事例などを知っておけば、取り組みの基礎を理解することができますし、決して難しいものではなくなります。

スーツを着た男性

その中で業務効率化の意義があるのですが、他の先進国と比較しても労働生産性が低いと言われており、特に日本生産性本部で調査をすると、主要先進7カ国において日本は最下位になっていて現在は加盟国の中でも21位の状態が続いています。特に国内のビジネス慣習は海外に比べると、丁寧できめ細かいものが多いですが、さらに迅速さも求められているので労働時間がそれに伴い長くなるといえます。日本人は基本的に働くことが好きで、海外での労働者と労働に対しての基本的な考え方が違うという意見が未だにあります。総務省の調査では、勤務時間問題の原因や動機として、国内のうつ病の人は2,000人を超えると予想しており、原因や動機について分けると仕事で疲れてしまったという状態が30%にも及んでいます。

少子化に伴い14歳以下の推計人口は1982年をさかいに連続して減少していますし、少子化へは歯止めがかかっていない状態です。15~64歳の生産年齢人口には、2013年は8,000万人を下回っていますがこれからも減少していきますし、20代後半~30代後半は女性が離職するタイミングになっており、介護や看病・結婚・妊娠や出産がその理由になっています。これらの数字を見てもわかるように、国内の企業では働き方を変えていく必要もあり、とくに優れている人材をそのまま確保することを優先する必要があります。

現在はデスクワークを業務効率化するためのツール・サービスが多く存在していますが、それらの多くは既製品なので自社業務へ心地よく適用化されることがないです。自社の業務にあったものにするためには、それなりの費用も発生するためIT人材という側面から見ても、中小企業は専任の部門を置くことが必要になります。